2018年04月14日

SUMMILUX 1:1.7/23 ASPH. LEICA X(Typ113)

DSC03068.jpg

LEICA X(Typ113)を3ヶ月ちょい毎日使ってみた印象は、

16MPのAPS-CセンサーとF1.7の35mm(相当)レンズを無理なく配置して、普段使いにちょうど良い大きさと重さのケースに納め、被写体と向き合うのに必要最小限な機能と直感的に操作できるダイヤル類を備えた「日常を切り取るのに最適なデジタルカメラ」という感じ。

GR012011.jpg

直線と単純な円弧で構成されたボディは見ていても使っても心地がよく、レンズの出っ張り具合もぎりぎり許容範囲に収まっていて、シンプルで的を得た操作性と相まって、LEICA X(Typ113)は最近一番使用頻度の高い(写真を撮っている)カメラになっている。

GR012015a.jpg

実用になる距離目盛のあるフォーカスリングは無限遠から一段乗越える感じで回し切るとオートフォーカスに切り替わる仕組みになっていて、普段はAFで使っているけど、車や電車の車窓から咄嗟にシャッターを切る際に即座にフォーカスリングを捻って無限遠固定で使えるところが良い。

GR012017a.jpg

使っていて良く無いところもいくつかあって、これはちょっとダメでしょという部分もあって、何かというと、ダイヤル類の数値が全て刻印ではなくプリントなところ、コレいづれ消える。

GR012019.jpg

カメラの画質設定を少しいじって使っているけど、出てくるJPEG画像の色が地味めで誇張もなく、個人的には可也好みな感じ。SUMMILUX 1:1.7/23 ASPH. の写りは、周辺解像が少々甘いが、潤いを感じる描写をするところが気に入っている。

GR012051l.jpg

ボディの大きさは銀塩M型ライカと比べて幅と高さは少し小さくて、厚みは全く同じ。
重さはレンズフードとフィルターを装着してバッテリーとメディア込みで500gちょうど。


以下、LEICA X(Typ113)で撮影。

L1000949.jpg

L1000760.jpg

L1000589.jpg

L1000258.jpg

L1000262.jpg

L1000293.jpg

L1000457.jpg

L1000537.jpg

L1000192.jpg

L1000776.jpg

L1001048.jpg

L1000956.jpg

L1000964.jpg

L1000978.jpg
フィルムモード:白黒High Contrast(JPEG無調整)

L1000979.jpg
フィルムモード:白黒High Contrast(JPEGデータをiPhotoで調整)

L1000984b.jpg
寄れるので料理もOK

L1000986b.jpg
切り替え無しで最短0.2mまで寄れるのが良い

L1001041.jpg

L1001014.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| Leica/E.Leitz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

BAUSCH & LOMB OPT.CO.USA 25mm f/1.9 BALCOTE ANIMAR + GM5

GR012025.jpg

久しぶりに心ときめくCマウントレンズに出逢いました。総アルミ鏡胴に一際目を惹くレッドアルマイトの被写界深度の帯!このルックスにやられました。

GR012026.jpg

米国ボシュロム社製16ミリシネマ用CマウントレンズのBALCOTE ANIMAR 25mm f/1.9、

レンズ名の"ANIMAR”はアニメーションの語源でもあるラテン語の"ANIMA"(生命や魂を指す語)に由来すると思われます。

GR012027.jpg

ANIMAR銘の16ミリシネマ用標準レンズには、25mm/1.5、26mm/1.9、25mm/2.7などのバリエーションがあり、その3種のレンズは過去にネット記事にも結構取り上げられ、ネットオークションでも特に珍しくもなく、真鍮鏡胴にクロームメッキ仕上の大人し目の意匠であるのに対し、このANIMAR 25mm/1.9は1950年代前後のシネコダックのレンズのようなゴツゴツしたローレットのアルミ鏡胴に、レッドアルマイトのアクセントが効いた異端な存在で、ネット上でもほとんど見かけない、ちょいレアなレンズのようです。

IMG_7900.JPGIMG_7901.JPG

現在のANGENIEUXのシネマレンズにもレッドアルマイトをあしらった、かっこいいでレンズがあるようです。

映像の仕事をしているカメラ仲間(というか先輩)に、この赤アルマイトのANIMARを見せた際に、ARRIに装着されたANGENIEUXの巨大レンズのこの写真を見せてくれて、ブログでの使用もOKして下さいましたので、参考画像として貼りました。

GR012028.jpg

25mm f/1.9 BALCOTE ANIMARをマイクロフォーサーズ機に装着すると周辺の流れや減光はあるものの、絞ると四隅の減光が解消され、F22まで絞り切っても4:3でもケラレ無しで使用できます。

そして戦後の16ミリシネ用標準レンズとしは珍しく、大胆なグルグルボケが楽しめるレンズでもあります。

GR012029.jpg

フィート表示、最短撮影距離:1.5ft、
全長40.2mm、最大径36.0mm、
重量73g、

以下、BAUSCH & LOMB OPT.CO.USA 25mm f/1.9 BALCOTE ANIMAR + GM5で撮影。(アスペクト比3:2)

P5290265.jpg
絞り開放 後ボケ

P5290266.jpg
絞り開放 前ボケ

P5290250.jpg
絞り開放

P5290251.jpg絞り F5.6

P5290257.jpg
絞り開放

P5290258.jpg
絞り F5.6

P5290272.jpg

P5290244.jpg

P5290263.jpg

P5290246.jpg

P5290283.jpg

P5290287.jpg


BAUSCH & LOMBの過去記事

BAUSCH & LOMBの過去記事(BALTAR + α7)

posted by MACH0.004 at 00:00| Bausch & Lomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

新しいブログはじめました。

GR011950.jpg

こちらのブログ『少年レンズ』は今まで通り継続しますが、もう一つ新たにブログを始めました。

見に行きましたblog  → http://miniikimashita.seesaa.net

レンズやカメラがテーマのブログではありませんが、撮影に使用したカメラ/レンズ名は記載し、画像も大きなサイズで載せていますので、よかったら新ブログも見に来て下さい。

記事の更新はたぶんこちらと同様、月に1〜3回程度です。

DSC00199.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

Nippon Kogaku GN Auto NIKKOR 1:2.8 f=45mm + α6300

L1000791.jpg

Fマウントのパンケーキレンズ、GNニッコール45/2.8をマウントアダプター2コ介してα6300で使うなんて、パンケーキレンズでもなくなるし、フルサイズでもないし、大口径じゃない中望遠になるし、何がしたいのか自分でもよくわからないのですが、

L1000788.jpg

たまにはこういうのも有りかな、と。

L1000787.jpg

以下、Nippon Kogaku GN Auto NIKKOR 1:2.8 f=45mm + α6300(LM-EA7使用)

DSC01021.jpg

DSC01024.jpg

DSC01031.jpg

DSC01071.jpg

DSC01059.jpg

DSC01058.jpg

DSC01057.jpg

DSC01073.jpg

DSC01077.jpg

DSC01079.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| Nikon/Nikkor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

RANK TAYLOR HOBSON COOKE SPEED PANCHRO SER II 32mm f/2 T2.3 + α6300

GR011780.jpg

以下、RANK TAYLOR HOBSON COOKE SPEED PANCHRO SER II 32mm f/2 T2.3 + α6300で撮影。

DSC00582.jpg

DSC00583.jpg

DSC00587.jpg

DSC00589.jpg

DSC00593.jpg

DSC00597.jpg

DSC00598.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| Cooke/Taylor Hobson/Rank | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

Carl Zeiss Biogon 2.8/28 ZM + SONY α7

L1000496.jpg

M型ライカ(銀塩)とR-D1s用にと購入したCarl Zeiss Biogon 2.8/28 ZM なんですが、フルサイズデジのα7でちゃんと使った事が無かったので、休日の散歩でちょっと撮ってみました。

L1000500.jpg
SUMMILUX1:1.7/23ASPH.(LEICA X Typ 113)

以下、Carl Zeiss Biogon 2.8/28 ZM + SONY α7で撮影、絞り開放かF8で撮影、JPEGエクストラファインSサイズ、撮って出し。

DSC05574.JPG

DSC05575.JPG

DSC05577.JPG

DSC05578.JPG

DSC05579.JPG

DSC05582.JPG

DSC05589.JPG

DSC05590.JPG

DSC05591.JPG

DSC05593.JPG

posted by MACH0.004 at 00:00| Carl Zeiss | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

『三晃精機製ニコン1アダプターに電子チップを移植』P.ANGENIEUX PARIS F25 1:0,95 TYPE M1 + Nikon 1 V1

L1000325.jpg

秋葉原の某中古店で、ロシア製の電子チップ付きニコン1用Cマウントアダプターが激安で売られていたので、あまりの安さにつられついついうっかり買ってしまいましたが、Cマウントアダプター自体が粗悪なモノで、かなりのアンダーインフで無限が全く出ませんでした。

L1000327.jpg

そこで電子チップだけ剥がして、三晃精機製のニコン1用Cマウントアダプターに移植してみたところ、快適に使用できるようになりました。(電子接点の位置合わせにちょい手間がかかりました。)

L1000330.jpg

絞り優先オートも普通に使えるし、ライブビューに設定露出も反映されるし、真ん中ボタン一押しで拡大ピント合わせ/シャッターボタン半押しで解除、と、とても使いやすい。
ただ、何故か露出がかなりのオーバー気味なので、露出補正を-1〜-1.7程度で調整しながら撮りました。
16ミリシネマカメラ用のCマウントレンズが本来のフォーマットに近い大きさのセンサーで使用できます。

以下、P.ANGENIEUX PARIS F25 1:0,95 TYPE M1 + NIKON 1 V1、JPEG取って出し(面積1/4にリサイズのみ)

DSC_1575.jpg

DSC_1577.jpg

DSC_1582.jpg

DSC_1585.jpg

DSC_1590.jpg

DSC_1591.jpg
(絞り開放)

DSC_1594.jpg
(絞り込んで)

DSC_1597.jpg

DSC_1601.jpg

DSC_1610.jpg

DSC_1616.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| P.Angenieux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

DALLMEYER TRIPLE ANASTIGMAT F/2.9 F=1 ヘリコイド追加加工

L1000118.jpg

2010年に入手したCマウントの極小レンズ DALLMEYER TRIPLE ANASTIGMAT F/2.9 F=1 、ダルメイヤーのトリプレットで、写りも意匠も魅力的なのに、ヘリコイドレスなのが勿体無いなあと思っていたので、1930年代?製レンズの雰囲気を極力損なわないようにヘリコイドを追加する加工をした。

L1000124.jpg

Lマウントのヘリコイド部品を使って、旋盤加工してタップを切ってM2のイモネジ3本でしっかり固定。(レンズ側は見えない部分にタップを切っただけなので、いつでも元に戻せる)

L1000127.jpg

繰り出しも大きいので、かなりの接写もできる。

L1000122.jpg

以下、DALLMEYER TRIPLE ANASTIGMAT F/2.9 F=1 + GM5で撮影。

P5290229.jpg
最大に繰り出すと、この位寄れる。(絞り開放)

P5290161.jpg

P5290162.jpg

P5290167.jpg

P5290205.jpg
(F8位まで絞り込んで)

P5290213.jpg

P5290214.jpg

P5290216.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| Dallmeyer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

JUPITER-12 2.8/35 + GXR MOUNT A12

DSC00878.jpg

以下、JUPITER-12 2.8/35 + GXR MOUNT A12で撮影。

R0018606.jpg

R0018607.jpg

R0018614m.jpg

R0018622.jpg

R0018624.jpg

R0018628.jpg

R0018631.jpg

R0018634.jpg

R0018637.jpg

R0018641.jpg

R0018645.jpg

R0018647.jpg

R0018648.jpg

R0018654.jpg

R0018658.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| LOZS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

元日スナップ 〜COLOR-SKOPAR 28mm F3.5 + R-D1s〜

DSC00808.jpg

元日はいつも家族親類が集まり、お雑煮とおせちとお屠蘇からのビールで食べて飲んで、気がつくと陽射しがいい感じの時刻になっていて、ちょっと写真撮りに歩いてくると、賑やかな場からひとり席を外し、夕暮れまでふらふらとカメラを持って近所をスナップしながら歩くというのが、もう20年近く続いているように思う。

今年の元日カメラはSEIKO EPSON R-D1sにCOLOR-SKOPAR 28mm F3.5の気分でした。

以下、COLOR-SKOPAR 28mm F3.5 + R-D1sで撮影。JPEGで撮影、リサイズ無しでアップしています。

EPSN4416.jpg

EPSN4417.jpg

EPSN4418.jpg

EPSN4420.jpg

EPSN4421.jpg

EPSN4422.jpg

EPSN4425.jpg

EPSN4427.jpg

EPSN4428.jpg

EPSN4431.jpg

EPSN4430.jpg

EPSN4433.jpg

EPSN4436.jpg

EPSN4442.jpg
ラベル:R-D1s
posted by MACH0.004 at 22:22| Voigtländer/Cosina | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
DUCATI Vitor 1:3.5 f=35mm + SONY NEX-6 by mach0.004 (04/28)
DUCATI Vitor 1:3.5 f=35mm + SONY NEX-6 by 木村助兵衛 (04/28)
今日のカメラ by mach0.004 (02/21)
今日のカメラ by nobrin-7 (02/21)
『 ムサビの卒展へ』FOCA OPLAREX 1:1.9 F-5cm + α7S by mach0.004 (01/30)