2019年05月29日

『久留里線〜亀山湖 その2』SOM BERTHIOT FLOR 2.8/50 + Leica M Typ262

GR012743.jpg

5月13日のブログ記事『久留里線〜亀山湖』の続きです。


以下、SOM BERTHIOT FLOR 2.8/50 + Leica M Typ262、JPEG撮影、リサイズのみの加工無し。

L1005405.jpg

L1005410.jpg

L1005417.jpg

L1005418.jpg

L1005422.jpg

L1005423.jpg

L1005427.jpg

L1005440.jpg

L1005450.jpg
ラベル:改造レンズ
posted by MACH0.004 at 00:00| Comment(0) | SOM Berthiot | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

Zunow Opt. Zunow 1:1.8 f=5cm 『ノア・森の遊園地』

GR012739.jpg

ズノー・ペンタフレックスの標準レンズ Zunow 1:1.8 f=5cm をミラーレスで使ってみたかったので、既存のNikonF-LeicaMのマウントアダプターとその他部品を色々加工して、ズノーペンタマウントのレンズが装着できるようにして、無限出して、とりあえずレンズ側無加工で安全には使えるようにしました。

絞りのコントロールはカメラから一度外して、裏からピンセットなどで動かさないとならないので、実用向きでは無いけど、今日は開放で、とか、午後からはF3.5、とか固定で使えばOK。


以下、Zunow Opt. Zunow 1:1.8 f=5cm + SONY α7S、全てF5.6でJPEG撮影、リサイズのみの加工無し。

DSC04336.jpg

DSC04341.jpg

DSC04344.jpg

DSC04345.jpg

DSC04347.jpg

DSC04352.jpg

DSC04353.jpg

DSC04354.jpg

DSC04356.jpg

DSC04358.jpg

DSC04362.jpg

DSC04363.jpg

DSC04366.jpg

DSC04368.jpg

DSC04371.jpg

初めて訪れたこの遊園地、野田市にある「もりのゆうえんち」、駐車場も無料、入場料も無料、ちょっとレトロな乗り物とかあって、なかなかのものでした。

DSC04334.jpg
遊園地に向かう道すがら、通りにあった「らーめん尾ばな」で腹ごしらえ、背脂たっぷりなのにさっぱり味でおいしかった。
posted by MACH0.004 at 00:00| Comment(0) | Zunow/Teikoku Kogaku | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

『名鳥の鰻〜水郷佐原』Carl Zeiss Planar 1:2 f=32mm (Arriflex) + FUJIFILM X-E3

GR012727.jpg


以下、Carl Zeiss Planar 1:2 f=32mm (Arriflex) + FUJIFILM X-E3、プロビアで撮影、リサイズのみ。

DSCF0237.jpg

千葉県成田市にある「名鳥」のうな重、訪れるは今回が三度目、やっぱり本当に美味しい。
サラっとしているのに物足りなさの全くない、どこまでも程よいタレで絶妙に焼かれた蒲焼は、一口食べて、ふんわり香ばしくて、一番好きな食べ物は?と問われたら迷わず「うな重」と答えてしまうなと、思ってしまった。
肝吸いも漬物も何とも程よい。
(成田と言っても成田山から遠く離れた印旗沼の近くにあるお店。そちら方面にドライブの際はオススメです。今回は注文しなかったけど、うなぎ白焼きとかドジョウの唐揚げも、何とも美味かったです。)

DSCF0240.jpg

お腹も心も満たされて次の予定へと。そこから小一時間車を走らせ、古い建物と街並みが残る佐原市の小野川沿いを散歩しました。

DSCF0244.jpg

DSCF0245.jpg

DSCF0252.jpg

DSCF0256.jpg

DSCF0260.jpg

DSCF0263.jpg

DSCF0264.jpg

DSCF0267.jpg

DSCF0274.jpg

DSCF0278.jpg

DSCF0284.jpg

DSCF0285.jpg

DSCF0286.jpg

と、ここでSDカードの空き容量がなくなり、予備で持ってきたSDカードは既にTyp262に入れてしまったので、この後の撮影はライカとGRに。
posted by MACH0.004 at 00:00| Comment(0) | Carl Zeiss | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

『久留里線〜亀山湖』 FUJINON SUPER EBC XF 10-24mm 1:4 R OIS + X-E3

GR012713.jpg

日曜なのに早朝に、飼ってるリクガメちゃんに起こされ目が覚めてしまったら、少し足をのばし日帰り旅行したい気分になったので、房総半島を走るローカル線、久留里線に乗ってきました。

相方と相方の妹も誘って、車でJR久留里駅まで行き、駅前の駐車場に車を停め、久留里線に乗って木更津へ、木更津駅周辺散策(予定した下り列車に乗り遅れて一時間多く)と昼ごはん、久留里線で久留里駅まで戻り、今度は車で亀山湖へ、亀山ダム周辺をゆっくり散策して、もう一箇所くらい何処か行けそうなので地図アプリを見たら、近くに亀岩の洞窟というのがあったので行ってみました。

本当は久留里駅から木更津とは反対方向の上総亀山駅に向かって乗りたかったのだけど、木更津ー久留里は1時間に約1本のダイヤが、久留里ー上総亀山は午前中から午後にかけて約5時間の完全な空白があり、いくらなんでも待てないので、久留里ー上総亀山に乗るのは、また次回のお楽しみにしました。

持って行ったカメラはXF 10-24mm 1:4 + X-E3とSOM BERTHIOT FLOR 2.8/50 + Leica M Typ262でした。あ、それとフィルムカメラはシリアル番号無し初期Elmar 50mm + Leica I model C。

私の場合、ズームレンズで撮ると、雑に撮ってる気がしてくるので、ズームレンズは滅多に使いませんが、換算15-36mmのこの超広角ズームはめちゃ便利!


以下、FUJINON SUPER EBC XF 10-24mm 1:4 R OIS + X-E3、PROVIAで撮影。

DSCF0105.jpg

DSCF0107.jpg

DSCF0108.jpg

DSCF0113.jpg

DSCF0126.jpg

DSCF0131.jpg

DSCF0139 (1).jpg

DSCF0143.jpg

DSCF0148.jpg

DSCF0151.jpg

DSCF0152.jpg

DSCF0155.jpg

P1002085.jpg
この写真だけPanasonic DMC-CM10で撮りました。

DSCF0165.jpg

DSCF0159.jpg

DSCF0169.jpg

DSCF0177.jpg

DSCF0191.jpg

DSCF0196.jpg

DSCF0198.jpg

DSCF0200.jpg

DSCF0202.jpg

DSCF0206.jpg

DSCF0208.jpg

DSCF0210 (1).jpg

DSCF0219.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| Comment(1) | Fujifilm/Fujinon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

DUCATI Vitor 1:3.5 f=35mm + Panasonic GM5

GR012710.jpg

少し前の記事『DUCATI Vitor 1:3.5 f=35mm + SONY NEX-6』では、組み合わせ例みたいな画像だけ載せたVitor 3.5/35+パナGM5で撮った写真もアップしておきます。

GR012705.jpg

写りには関係ないけど、DUCATI SOGNOとPanasonic GM5の大きさ比較、結構いい勝負です。


以下、DUCATI Vitor 1:3.5 f=35mm + Panasonic GM5

P5290453.jpg

P5290462.jpg

P5290464.jpg

P5290466.jpg

P5290475.jpg

P5290477.jpg

P5290478.jpg

P5290480.jpg

P5290497.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| Comment(0) | DUCATI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

TAYLOR HOBSON COOKE SPEED PANCHRO 24mm f/2 + X-E3

GR012670.jpg

GR012671.jpg

GR012684 (1).jpg


以下、TAYLOR HOBSON COOKE SPEED PANCHRO 24mm f/2 + X-E3 、フィルムシミュレーションASTIAで撮影。

DSCF9915 (1).jpg

DSCF9919 (1).jpg

DSCF9923 (1).jpg

DSCF9930 (1).jpg

DSCF9945 (1).jpg

DSCF9947 (1).jpg

DSCF9958 (1).jpg

DSCF9961 (1).jpg

DSCF9963 (1).jpg

DSCF9977 (1).jpg
ラベル:シネレンズ
posted by MACH0.004 at 00:00| Comment(0) | Cooke/Taylor Hobson/Rank | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

『沈胴ズミクロン、開放。』 Ernst Leitz Gmbh Wetzlar Summicron f=5cm 1:2 + SONY α7S

GR012663.jpg

GR012665.jpg


以下、Ernst Leitz Gmbh Wetzlar Summicron f=5cm 1:2 + SONY α7S 、全て絞り開放で撮影、リサイズのみの無加工JPEG。(撮影地:SOLSO FARM /自宅)

DSC04219.jpg

DSC04221.jpg

DSC04223.jpg

DSC04226.jpg

DSC04232.jpg

DSC04234.jpg

DSC04236.jpg

DSC04238.jpg

DSC04240.jpg

DSC04242.jpg

DSC04243.jpg

DSC04247.jpg

DSC04249.jpg

DSC04218.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| Comment(0) | Leica/E.Leitz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

DUCATI Vitor 1:3.5 f=35mm + SONY NEX-6

DSCF9905.jpg

極小沈胴レンズ DUCATI Vitor 1:3.5 f=35mmrと三晃精機のDUCATI-m4/3アダプターとPanasonic GM5の組み合わせ。

見た目は最高!でも画角はちょっと苦手な中望遠だし35mmハーフサイズ用のイメージサークルが活かせない。

DSCF9909.jpg

ドゥカティ(DUCATI SOGNO)は35mmフィルムをライカ判の半分(ハーフサイズ)で使う、レンズ交換式で距離計連動式の極小カメラ。並べてみると、APS-C(ハーフサイズ?)コンパクトデジカメとしては小さいはずのRICOH GRが全然コンパクトではなく、ライカMのデジタルが巨大に見えるほど小さなカメラ。

DSCF9907.jpg
以上、RANK TAYLOR HOBSON COOKE SPEED PANCHRO SER II 32mm f/2 T2.3 + X-E3で撮影。

そのドゥカティ・ソーノに付いている極小沈胴標準レンズがVitor 1:3.5 f=35mmで、せっかくAPS-Cにぴったりのレンズだからソニーか富士で使ってみたいと思い、

GR012653.jpg

m4/3-NEXアダプターなるものをヤフオクにて購入してみたけど、三晃精機のDUCATIアダプターの外径と微妙に干渉して装着できなかったので、m4/3-NEXアダプターのほうをちょっと加工してEマウントに装着できるようにしてみたところ、インフもぴったりくるようになった。(あっという間に加工したみたいに書いたけど、装着できないと知って何ヶ月も放置してあった。)

GR012655.jpg


以下、DUCATI Vitor 1:3.5 f=35mm + SONY NEX-6で撮影。カラーはリサイズのみの無加工JPEG。

DSC02144.jpg

DSC02146.jpg

DSC02148.jpg

DSC02151.jpg

DSC02152.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| Comment(2) | DUCATI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

Ernst Leitz Gmbh Wetzlar Summaron f=3.5cm 1:3.5 + Leica M Typ262

GR012626.jpg

GR012622.jpg


以下、Summaron f=3.5cm 1:3.5 + Leica M Typ262(全て絞り開放)

L1005233.jpg

L1005238.jpg

L1005252.jpg

L1005255.jpg

L1005256.jpg

L1005257.jpg

L1005259.jpg

L1005261.jpg

L1005263.jpg

L1005281.jpg

L1005284.jpg

L1005286.jpg

L1005288.jpg

L1005289.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| Comment(0) | Leica/E.Leitz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント