2019年07月15日

『海の日なので一番近くの海へ』FUJINON SUPER EBC XF 10-24mm 1:4 R OIS + X-E3

P5290671.jpg

以下、FUJINON SUPER EBC XF 10-24mm 1:4 R OIS + X-E3、PROVIAで撮影。

DSCF0606.jpg

DSCF0616.jpg

DSCF0610.jpg

DSCF0613.jpg

DSCF0632.jpg

DSCF0649.jpg
posted by MACH0.004 at 22:11| Comment(0) | Fujifilm/Fujinon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

『久留里線〜亀山湖』 FUJINON SUPER EBC XF 10-24mm 1:4 R OIS + X-E3

GR012713.jpg

日曜なのに早朝に、飼ってるリクガメちゃんに起こされ目が覚めてしまったら、少し足をのばし日帰り旅行したい気分になったので、房総半島を走るローカル線、久留里線に乗ってきました。

相方と相方の妹も誘って、車でJR久留里駅まで行き、駅前の駐車場に車を停め、久留里線に乗って木更津へ、木更津駅周辺散策(予定した下り列車に乗り遅れて一時間多く)と昼ごはん、久留里線で久留里駅まで戻り、今度は車で亀山湖へ、亀山ダム周辺をゆっくり散策して、もう一箇所くらい何処か行けそうなので地図アプリを見たら、近くに亀岩の洞窟というのがあったので行ってみました。

本当は久留里駅から木更津とは反対方向の上総亀山駅に向かって乗りたかったのだけど、木更津ー久留里は1時間に約1本のダイヤが、久留里ー上総亀山は午前中から午後にかけて約5時間の完全な空白があり、いくらなんでも待てないので、久留里ー上総亀山に乗るのは、また次回のお楽しみにしました。

持って行ったカメラはXF 10-24mm 1:4 + X-E3とSOM BERTHIOT FLOR 2.8/50 + Leica M Typ262でした。あ、それとフィルムカメラはシリアル番号無し初期Elmar 50mm + Leica I model C。

私の場合、ズームレンズで撮ると、雑に撮ってる気がしてくるので、ズームレンズは滅多に使いませんが、換算15-36mmのこの超広角ズームはめちゃ便利!


以下、FUJINON SUPER EBC XF 10-24mm 1:4 R OIS + X-E3、PROVIAで撮影。

DSCF0105.jpg

DSCF0107.jpg

DSCF0108.jpg

DSCF0113.jpg

DSCF0126.jpg

DSCF0131.jpg

DSCF0139 (1).jpg

DSCF0143.jpg

DSCF0148.jpg

DSCF0151.jpg

DSCF0152.jpg

DSCF0155.jpg

P1002085.jpg
この写真だけPanasonic DMC-CM10で撮りました。

DSCF0165.jpg

DSCF0159.jpg

DSCF0169.jpg

DSCF0177.jpg

DSCF0191.jpg

DSCF0196.jpg

DSCF0198.jpg

DSCF0200.jpg

DSCF0202.jpg

DSCF0206.jpg

DSCF0208.jpg

DSCF0210 (1).jpg

DSCF0219.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| Comment(1) | Fujifilm/Fujinon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

『伊豆 その3』FUJINON LENS XF14mmF2.8 R + X-E2

L1010746.jpg

L1010745.jpg

以下、FUJINON LENS XF14mmF2.8 R + X-E2で撮影、リサイズのみ。

DSCF6378.jpg

DSCF6381.jpg

DSCF6385 (1).jpg

DSCF6386.jpg

DSCF6397.jpg

DSCF6404.jpg

DSCF6408.jpg

DSCF6409.jpg

DSCF6410.jpg

DSCF6411.jpg

DSCF6415.jpg

DSCF6422 (1).jpg

posted by MACH0.004 at 00:00| Comment(0) | Fujifilm/Fujinon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

宝物感漂う秘蔵シネレンズ

DSC05265.jpg

天面には「CINE-FUJINON F2 3.5cm」の文字とロゴマーク、

DSC05267.jpg

底面には、社名とMADE IN JAPANの文字が、丁寧に文字組みされて機械彫刻が施された、アルミ削り出しブラックアルマイト仕上の小さな筒状のケース。

上部の蓋を、反時計回りに捻って弛めると、

DSC05269.jpg

中にレンズが収まっている。

DSC05271.jpg

この完璧なる専用ケース感がたまりませんね。


DSC05272.jpg

アルミ合金製筒形ケースの底部品は、上蓋を締めるための雄ネジがあり、その内側にはレンズを収めるための雌ネジも設けられていて、さらにその雌ネジの下の部分は旋盤技術を駆使して筒の外周に沿うところまで大きくえぐられて(メリットは軽量化のみ?)いる。

さらに筒の天面と底面には、刻印部分のキズ防止のためと思われる段差が、絶妙に滑らかな形状で設けられている。

過剰品質もいいところな贅沢な造りなのだけど、中身は絞りしか付いていないレンズヘッドなので、このレンズをシネカメラ用のヘリコイドマウントに収めてしまえば、ケースは用無しになってしまうのでは?という疑問も涌いてきてしまう程のイイモノ感。

DSC05273.jpg

(察するに当時の価格設定に均衡を保つというか納得させるための手段としてこのような入れ物がつくられたのかなぁと)

以上、RANK TAYLOR HOBSON COOKE SPEED PANCHRO SER II 50mm f/2 T2.3 + SONY α7で撮影。(1枚目だけノートリミング)

P5290020.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| Fujifilm/Fujinon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

FUJIFILM X100T vs XF23mmF2 R WR + X-Rro1

GR011266.jpg

10月に発売されたFUJIFILMの最新レンズ『 XF23mmF2 R WR 』を衝動買いしてしまったので、愛用のX100T(焦点距離と開放F値が同じ)と描写にどの程度の違いがあるのか把握しておきたいと思い、比べてみる事にした。

GR011267.jpg

どちらも23mm F2のレンズではあるが、外観上はレンズの全長が大きく異なり、レンズ構成もずいぶんと違っている。最短撮影距離はパンケーキレンズレベルに鏡胴部分が極端に短いX100Tの方が断然寄れる。

articleffnr0445_img_04.jpg

pic_01.gifXF23mmF2 R WRレンズ構成図

以下の撮り比べは、全て手持ち撮影なのでフレーミングは厳密ではなく、ピンの位置もズレてしまった写真も掲載しています。また、自然光の中、交互に構えてシャッターを切っていたので光の条件も多少違います。
カメラの設定は同条件になるように、ISO200固定、AWB、絞り優先AE、フィルムシミュレーションを揃えてJPEG撮影しています。(普段の使い方でどう違いが出るのかを知りたかったので、露出やWBは敢えてオートにしました。)

DSCF8227.jpg
X100T F2

DSCF5076.jpg
XF23 F2

DSCF8228.jpg
X100T F2 最短

DSCF5077.jpg
XF23 F2 最短

DSCF8230.jpg
X100T F4

DSCF5078.jpg
XF23 F4

DSCF8194.jpg
X100T F5.6

DSCF5017.jpg
XF23 F5.6

DSCF8206.jpg
X100T F2

DSCF5028.jpg
XF23 F2

DSCF8199.jpg
X100T F2

DSCF5023.jpg
XF23 F2

DSCF8208.jpg
X100T F11

DSCF5030.jpg
XF23 F11

DSCF8209.jpg
X100T F2

DSCF5032.jpg
XF23 F2

DSCF8214.jpg
X100T F4

DSCF5038.jpg
XF23 F4
posted by MACH0.004 at 00:00| Fujifilm/Fujinon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント