2018年03月29日

BAUSCH & LOMB OPT.CO.USA 25mm f/1.9 BALCOTE ANIMAR + GM5

GR012025.jpg

久しぶりに心ときめくCマウントレンズに出逢いました。総アルミ鏡胴に一際目を惹くレッドアルマイトの被写界深度の帯!このルックスにやられました。

GR012026.jpg

米国ボシュロム社製16ミリシネマ用CマウントレンズのBALCOTE ANIMAR 25mm f/1.9、

レンズ名の"ANIMAR”はアニメーションの語源でもあるラテン語の"ANIMA"(生命や魂を指す語)に由来すると思われます。

GR012027.jpg

ANIMAR銘の16ミリシネマ用標準レンズには、25mm/1.5、26mm/1.9、25mm/2.7などのバリエーションがあり、その3種のレンズは過去にネット記事にも結構取り上げられ、ネットオークションでも特に珍しくもなく、真鍮鏡胴にクロームメッキ仕上の大人し目の意匠であるのに対し、このANIMAR 25mm/1.9は1950年代前後のシネコダックのレンズのようなゴツゴツしたローレットのアルミ鏡胴に、レッドアルマイトのアクセントが効いた異端な存在で、ネット上でもほとんど見かけない、ちょいレアなレンズのようです。

IMG_7900.JPGIMG_7901.JPG

現在のANGENIEUXのシネマレンズにもレッドアルマイトをあしらった、かっこいいでレンズがあるようです。

映像の仕事をしているカメラ仲間(というか先輩)に、この赤アルマイトのANIMARを見せた際に、ARRIに装着されたANGENIEUXの巨大レンズのこの写真を見せてくれて、ブログでの使用もOKして下さいましたので、参考画像として貼りました。

GR012028.jpg

25mm f/1.9 BALCOTE ANIMARをマイクロフォーサーズ機に装着すると周辺の流れや減光はあるものの、絞ると四隅の減光が解消され、F22まで絞り切っても4:3でもケラレ無しで使用できます。

そして戦後の16ミリシネ用標準レンズとしは珍しく、大胆なグルグルボケが楽しめるレンズでもあります。

GR012029.jpg

フィート表示、最短撮影距離:1.5ft、
全長40.2mm、最大径36.0mm、
重量73g、

以下、BAUSCH & LOMB OPT.CO.USA 25mm f/1.9 BALCOTE ANIMAR + GM5で撮影。(アスペクト比3:2)

P5290265.jpg
絞り開放 後ボケ

P5290266.jpg
絞り開放 前ボケ

P5290250.jpg
絞り開放

P5290251.jpg絞り F5.6

P5290257.jpg
絞り開放

P5290258.jpg
絞り F5.6

P5290272.jpg

P5290244.jpg

P5290263.jpg

P5290246.jpg

P5290283.jpg

P5290287.jpg


BAUSCH & LOMBの過去記事

BAUSCH & LOMBの過去記事(BALTAR + α7)

posted by MACH0.004 at 00:00| Bausch & Lomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

第二十一號 BAUSCH & LOMB OPT.CO. ANASTIGMAT 1 3/8inch(35mm) F3.0

IMGP1911.jpg

4年前のブログ記事で取り上げた、Cマウントのネジが切ってある、ボシュロム製の小さなレンズヘッドですが、その後ライツ製Lマウントのへリコイドパーツに取付けて使っていましたが、先日試しにα7に装着してみたところ、周辺像が大胆に流れるもののフルサイズでも四隅までぎりぎり像が出るので、中央線方面にお出かけの際に、この組み合わせで鞄に忍ばせておきました。

IMGP1912.jpg

16mm用のレンズをフルサイズで使っているので周辺部は大荒れですが、ライツのヘリコド+ホークスの補助ヘリコイドを繰り出すと、かなり接写ができるので、接写でしたらフルサイズでも効果的に使えるかもしれません。これほどの大きさのイメージサークルなので、APS-CたMFTで使うと四隅まで破綻無く写るんですね。


以下、BAUSCH & LOMB OPT.CO. ANASTIGMAT 1 3/8inch(35mm) F3.0 + α7(カメラ内JPEG、リサイズのみ)

DSC02812.jpg

DSC02817.jpg

DSC02820.jpg

DSC02822.jpg

DSC02826.jpg

DSC02823.jpg

DSC02828.jpg

DSC02830.jpg

DSC02831.jpg

DSC02832.jpg

DSC02833.jpg
ラベル:改造レンズ
posted by MACH0.004 at 23:00| Bausch & Lomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント