2018年04月28日

P.ANGENIEUX PARIS F.24 1:2.2 RETROFOCUS TYPE R2

こちらのレンズは今年になって入手したレンズですが、以前所有していた同じArri-stdマウントで同じスペックの24mm F2.2 TYPE R2とは鏡胴の形状が少々違うようです。

α6300
L1001098.jpg

L1001099.jpg

以下、P.ANGENIEUX PARIS F.24 1:2.2 RETROFOCUS TYPE R2 + α6300にて撮影、リサイズのみ。

DSC01105.jpg

DSC01106.jpg

DSC01111.jpg

DSC01114.jpg

DSC01120.jpg

DSC01124.jpg

DSC01137.jpg

DSC01142.jpg

DSC01144.jpg

DSC01149.jpg

DSC01153.jpg

DSC01159.jpg

DSC01175.jpg

DSC01165.jpg

DSC01181.jpg

DSC01184.jpg


X-Pro1
GR012082.jpg

以下、P.ANGENIEUX PARIS F.24 1:2.2 RETROFOCUS TYPE R2 + X-Pro1にて撮影。

DSCF5792.jpg

DSCF5795.jpg

DSCF5798.jpg

DSCF5808.jpg

DSCF5802.jpg

DSCF5815.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| P.Angenieux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

『三晃精機製ニコン1アダプターに電子チップを移植』P.ANGENIEUX PARIS F25 1:0,95 TYPE M1 + Nikon 1 V1

L1000325.jpg

秋葉原の某中古店で、ロシア製の電子チップ付きニコン1用Cマウントアダプターが激安で売られていたので、あまりの安さにつられついついうっかり買ってしまいましたが、Cマウントアダプター自体が粗悪なモノで、かなりのアンダーインフで無限が全く出ませんでした。

L1000327.jpg

そこで電子チップだけ剥がして、三晃精機製のニコン1用Cマウントアダプターに移植してみたところ、快適に使用できるようになりました。(電子接点の位置合わせにちょい手間がかかりました。)

L1000330.jpg

絞り優先オートも普通に使えるし、ライブビューに設定露出も反映されるし、真ん中ボタン一押しで拡大ピント合わせ/シャッターボタン半押しで解除、と、とても使いやすい。
ただ、何故か露出がかなりのオーバー気味なので、露出補正を-1〜-1.7程度で調整しながら撮りました。
16ミリシネマカメラ用のCマウントレンズが本来のフォーマットに近い大きさのセンサーで使用できます。

以下、P.ANGENIEUX PARIS F25 1:0,95 TYPE M1 + NIKON 1 V1、JPEG取って出し(面積1/4にリサイズのみ)

DSC_1575.jpg

DSC_1577.jpg

DSC_1582.jpg

DSC_1585.jpg

DSC_1590.jpg

DSC_1591.jpg
(絞り開放)

DSC_1594.jpg
(絞り込んで)

DSC_1597.jpg

DSC_1601.jpg

DSC_1610.jpg

DSC_1616.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| P.Angenieux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

P.ANGENIEUX PARIS f=5cm 1:2.9 ALEPAR + α7

angenieux2950.jpg
LEICA SOFORT (AUTOMATIK-HEKTOR 1:12.7/60)

アルパレフレックスマウントのANGENIEUX ALEPAR 5cm 2.9をα7に装着して時々使っています。

P1000917.jpg

三年ほど前に手に入れたこのレンズ、入手したのはいいけど、アルパレフ用のマウントアダプターは何処にも売っていなかったので、ヘリコイドアダプターに押当てて使ったりするくらいで、まともに使う事ができませんでした。

P1000916.jpg

アルパレフレックス本体からマウントを外すなんて事は畏れ多いので、アルパレフ用の接写リングが何処かにあればなぁ、なんて1〜2年思っていて、そんな話をオールド&シネレンズのお散歩仲間にもしたら、なんとその方が数日後に偶然にも都内某ショップで見つけてくれて即メールをいただき、超レアなアルパレフ用接写リングセットを難無くゲットできました、感謝!という幸運なお話なんですが、

P1000920.jpg
LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH. + GM5

接写リングはカメラ側のマウント部品と長さの違う中間リングが3個とレンズ側のマウント部品(全て同径のネジで取付)で構成されていましたが、その両端のマウント部品同士を合わせてMマウント部品に強力両面テープで貼っただけで程よく無限も出る「アルパレフーMマウントアダプター」が出来ました。

以下、P.ANGENIEUX PARIS f=5cm 1:2.9 ALEPAR + α7で撮影。

DSC04937.jpg
開放/ヘリコイドアダプター使用の最短

DSC04939.jpg
開放/ヘリコイドアダプター使用の最短(ハレ切り)

DSC04924.jpg
開放/遠景

DSC04926.jpg
F11/遠景


DSC04757.jpg

DSC04760.jpg

DSC04765.jpg

DSC04767.jpg

DSC04770.jpg

DSC04774.jpg

DSC04784.jpg

DSC04790.jpg

DSC04792.jpg

DSC04794.jpg

DSC04797.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| P.Angenieux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

第二十五號 KODAK ANASTIGMAT F2.8 ANGENIEUX 50mm.

DSC02278.jpg

アンジェニュー2.8/50の付いた、独コダックのRetinette IAという廉価なレンズシャッターカメラ。露出計も距離計も付いていないけれど、ブライトフレームがくっきり浮かび上がる大きなファインダーが見やすくて、底部右手側に配置された巻上げレバーの操作フィーリングも心地好い。

DSC02282.jpg

そして、このダブルネームのKODAK ANASTIGMAT F2.8 ANGENIEUX 50mm.の写りは、個人的に深く心に残っている。

まだ長女が小学校に入って間もない頃なので10年以上前の事だけど、家族で房総半島に遊びに行った時に、このレチネッテIAにリバーサルフィルムを詰めていて、たまたま撮れた1枚の写真が気に入り、当時参加していたラテンカメラ同盟というフランス/イタリア系カメラ(レンズ)の写真サークルの写真展に出品したのでした。

angenieux5028s.jpg
KODAK ANASTIGMAT F2.8 ANGENIEUX 50mm.(Retinette IA) AGFA CT precisa 100 *ポジからのダイレクトプリント(クリスタルプリント)をスキャン
ラベル:銀塩カメラ
posted by MACH0.004 at 00:00| P.Angenieux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

第二十四號 P.ANGENIEUX F.25 1:1.4 KODAK + Panasonic GM5

IMGP2205.jpg

シネコダックMマウントのレンズ、P.ANGENIEUX F.25 1:1.4 KODAKを入手したのは5年以上前ですが、結構持ち出し頻度が高く、カバンに忍ばせては時折使用しているお気に入りレンズです。

5年前の記事→ http://hokkorihokorin.blog26.fc2.com/blog-entry-79.html


IMGP2207.jpg

今朝は早起きして夢の島公園にどんぐり拾いに行きましたが、Panasonic GM5 + SUMMILUX 1.7/15 ASPH.と共に、このP.ANGENIEUX F.25 1:1.4 KODAKも持って行きました。


以下、P.ANGENIEUX F.25 1:1.4 KODAK + GM5で撮影。全て絞り開放、カメラ内JPEG、リサイズのみの撮って出し。

P1000343.jpg

P1000345.jpg

P1000352.jpg

P1000358.jpg

P1000359.jpg

P1000361.jpg

P1000362.jpg

P1000365.jpg

P1000367.jpg

P1000371.jpg
posted by MACH0.004 at 23:45| P.Angenieux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント