2014年12月28日

第五號 KINOPTIK PARIS TEGEA 1/1.8 F=5.7

DSC00988.jpg

キノプティックの16ミリフィルムムービー用5.7mm F1.8の超広角大口径レンズ、

DSC00987.jpg

その名は "TEGEA"『テゲア』

DSC00986.jpg

直径80mmの前玉の表面は一見平面に見えるけど、定規をそっと当ててみると、ほんの僅か凸に湾曲している。

DSC00983.jpg

分厚いガラスの塊のように見える前玉の裏面(内側)は半球型にえぐりとられているように見え、覗き込むと、その半球面にいろんなものが映り込んでいて、幻想的なガラス工芸品に見えてくる。じっと見入ってしまうとちょっと目が眩みそうになる。

DSC00984.jpg

TEGEA 5.7mm F1.8はArriflexマウントで鏡胴の中間位置にフィルターを差し込む四角い出っ張りの有るものが多いみたいだけど、このレンズはCマウントでフィルターの四角い出っ張りも無いタイプ。

絞りリングはあるがフォーカスリングが無く、フォーカス固定式。

全長:152mm(Cマウント面から)
最大径:89mm
重量:790g
絞り羽根枚数:8枚

イメージサークルはマイクロフォーサーズで普通に使うともちろんケラレてしまう。BMPCCでは四隅のケラレ無しで使える。今回はPanasonic機のEXテレコンで使ってみたけど、案外使いやすかった。EXテレコン(M)では35mm換算で15mm前後の超広角レンズとなる。

16mmフィルムシネのフォーマットとパナソニックのEXテレコン(M)の使用センサーのサイズを比較すると、

16mmスタンダード   10.26×7.49
スーパー16      12.52×7.41

m4/3(4:3)      17.3×13
EXテレコン(4:3) 12.17×9.15
EXテレコン(3:2) 12.17×8.1
EXテレコン(16:9) 12.17×6.85
(画素数から大まかに計算したけど、これでいいのかな?)

となるので、EXテレコンはCマウントレンズなどの16mm用シネレンズを使うのに適していると言えるだろう。

ちなみに、Blackmagic Pocket Cinema Cameraとニコン1は、
BMPCC  12.48×7.02
Nikon 1     13.2×8.8


以下、KINOPTIK PARIS TEGEA 1/1.8 F=5.7 + GM1、EXテレコンのMサイズ、アスペクト比3:2で撮影、3232×2160→1616×1080リサイズ。

P1010625.jpg

P1010626.jpg

P1010628.jpg

P1010629.jpg

P1010634.jpg

P1010636.jpg

P1010638.jpg

P1010661.jpg

P1010640.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| Kinoptik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント