2019年04月30日

『沈胴ズミクロン、開放。』 Ernst Leitz Gmbh Wetzlar Summicron f=5cm 1:2 + SONY α7S

GR012663.jpg

GR012665.jpg


以下、Ernst Leitz Gmbh Wetzlar Summicron f=5cm 1:2 + SONY α7S 、全て絞り開放で撮影、リサイズのみの無加工JPEG。(撮影地:SOLSO FARM /自宅)

DSC04219.jpg

DSC04221.jpg

DSC04223.jpg

DSC04226.jpg

DSC04232.jpg

DSC04234.jpg

DSC04236.jpg

DSC04238.jpg

DSC04240.jpg

DSC04242.jpg

DSC04243.jpg

DSC04247.jpg

DSC04249.jpg

DSC04218.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| Comment(0) | Leica/E.Leitz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

DUCATI Vitor 1:3.5 f=35mm + SONY NEX-6

DSCF9905.jpg

極小沈胴レンズ DUCATI Vitor 1:3.5 f=35mmrと三晃精機のDUCATI-m4/3アダプターとPanasonic GM5の組み合わせ。

見た目は最高!でも画角はちょっと苦手な中望遠だし35mmハーフサイズ用のイメージサークルが活かせない。

DSCF9909.jpg

ドゥカティ(DUCATI SOGNO)は35mmフィルムをライカ判の半分(ハーフサイズ)で使う、レンズ交換式で距離計連動式の極小カメラ。並べてみると、APS-C(ハーフサイズ?)コンパクトデジカメとしては小さいはずのRICOH GRが全然コンパクトではなく、ライカMのデジタルが巨大に見えるほど小さなカメラ。

DSCF9907.jpg
以上、RANK TAYLOR HOBSON COOKE SPEED PANCHRO SER II 32mm f/2 T2.3 + X-E3で撮影。

そのドゥカティ・ソーノに付いている極小沈胴標準レンズがVitor 1:3.5 f=35mmで、せっかくAPS-Cにぴったりのレンズだからソニーか富士で使ってみたいと思い、

GR012653.jpg

m4/3-NEXアダプターなるものをヤフオクにて購入してみたけど、三晃精機のDUCATIアダプターの外径と微妙に干渉して装着できなかったので、m4/3-NEXアダプターのほうをちょっと加工してEマウントに装着できるようにしてみたところ、インフもぴったりくるようになった。(あっという間に加工したみたいに書いたけど、装着できないと知って何ヶ月も放置してあった。)

GR012655.jpg


以下、DUCATI Vitor 1:3.5 f=35mm + SONY NEX-6で撮影。カラーはリサイズのみの無加工JPEG。

DSC02144.jpg

DSC02146.jpg

DSC02148.jpg

DSC02151.jpg

DSC02152.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| Comment(2) | DUCATI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

Ernst Leitz Gmbh Wetzlar Summaron f=3.5cm 1:3.5 + Leica M Typ262

GR012626.jpg

GR012622.jpg


以下、Summaron f=3.5cm 1:3.5 + Leica M Typ262(全て絞り開放)

L1005233.jpg

L1005238.jpg

L1005252.jpg

L1005255.jpg

L1005256.jpg

L1005257.jpg

L1005259.jpg

L1005261.jpg

L1005263.jpg

L1005281.jpg

L1005284.jpg

L1005286.jpg

L1005288.jpg

L1005289.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| Comment(0) | Leica/E.Leitz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント