2017年11月24日

『東京ジャーミイ』

DSC00820.jpg

LM-EA7を介してS-Planar 1:4 f=32mmを着けたα6300と専用ワイコンを着けたGRを持って、代々木上原にあるモスク『東京ジャーミイ』を見学に訪れました。



Carl Zeiss S-Planar 1:4 f=32mm + LM-EA7 + α6300
(全て絞り開放)

DSC00483.jpg

DSC00487.jpg

DSC00485.jpg

DSC00486.jpg

DSC00491.jpg

DSC00492.jpg

DSC00495.jpg

DSC00499.jpg

DSC00501.jpg



RICOH GR + GW-3
(Pモード)

GR011633.jpg

GR011637.jpg

GR011634.jpg

GR011641.jpg

GR011644.jpg

GR011648.jpg

GR011652.jpg

GR011653.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| Ricoh/GR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

『 NEX-7 vs α6300 』 Cooke Speed Panchro 28mm / 32mm

DSC00804.jpg

α6300を導入したけれど、それまで使っていたNEX-7と写りはどの程度違うのか気になったので、現在α6300で一番使う機会の多いCooke Speed Panchroの28mm/F2と32mm/F2の2本でテスト撮影してみました。

NEX-7はレンジファインダー用に設計された広角レンズなどを装着すると周辺のマゼンタかぶりが顕著だったけど、Cooke Speed Panchro 28mmを装着した時にも少なからずその影響は感じていました。
Super Wide Heliar 15mm F4.5でのテスト撮影

今回NEX-7とα6300を出来るだけ同じ設定にしてJPEGで撮りました。
ブログにアップしたサイズは面積で1/4の3000×2000にリサイズしています。
いつものように三脚も使わないユルい撮影なので、参考程度に見ていただければと思います。

設定は両機共、クリエイティブスタイル:スタンダード、WB:太陽光、ISO 100。三脚不使用の手持ち撮影、Hawk's FactoryのヘリコイドアダプターでMF撮影、LM-EA7は使用していません。


COOKE SPEED PANCHRO 28mm f/2 (T2.3)

nex72820a.jpg
NEX-7 28mm 開放F2(電子水準器がズレていたようでフレーミングもズレてしまいました)

63002820a.jpg
α6300 28mm 開放F2

nex72856a.jpg
NEX-7 28mm F5.6

63002856a.jpg
α6300 28mm F5.6

nex72820b.jpg
NEX-7 28mm 開放F2

63002820b.jpg
α6300 28mm 開放F2

nex72856b.jpg
NEX-7 28mm F5.6

63002856b.jpg
α6300 28mm F5.6

nex72820c.jpg
NEX-7 28mm 開放F2

63002820c.jpg
α6300 28mm 開放F2

nex72856c.jpg
NEX-7 28mm F5.6

63002856c.jpg
α6300 28mm F5.6

nex72820d.jpg
NEX-7 28mm 開放F2

63002820d.jpg
α6300 28mm 開放F2(手持ちなのでピント外していますので、ボケの比較用です)

nex72880e.jpg
NEX-7 28mm F8

63002880e.jpg
α6300 28mm F8

RANK TAYLOR HOBSON COOKE SPEED PANCHRO SER II 32mm f/2 T2.3

nex73220a.jpg
NEX-7 32mm 開放F2

63003220a.jpg
α6300 32mm 開放F2

nex73556a.jpg
NEX-7 32mm F5.6

63003256a.jpg
α6300 32mm F5.6

nex73220b.jpg
NEX-7 32mm 開放F2

63003220b.jpg
α6300 32mm 開放F2

nex73256b.jpg
NEX-7 32mm F5.6

63003256b.jpg
α6300 32mm F5.6

結果を見れば一目瞭然ですが、周辺のマゼンタかぶりは、顕著だった28mmも、少し感じられるくらいの32mmも改善しているようです。
センサー由来の周辺減光も、かなり改善しているように見えます。

original_a6300_process.jpg
http://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-6300/feature_2.html

α6300では、従来のセンサーよりフォトダイオードの井戸が浅くなり、しかも受光面積も拡大されたそうなので、これの恩恵でしょうか。

周辺の解像に関しては、この2本のレンズではNEX-7でも充分解像しているので、違いは感じられないように見えます。
それにしても、青空の色も壁の色も、色味が結構大きく違いますね。

posted by MACH0.004 at 00:00| Cooke/Taylor Hobson/Rank | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

COLOR-SKOPAR 28mm F3.5 + R-D1s

GR011627.jpg

このブログの最初の記事をアップしてから3年が経ちました。いつも当ブログにご訪問いただきましてありがとうございます。(アクセス数も確実にブログを継続する励みとなっています。)

『少年レンズ』の前に『レンズの森の迷える子羊ちゃん』、そのさらに前に『F1.1』というブログをやっていましたが、『F1.1』は2009年7月から始めましたので、レンズのブログを始めて8年が経過し9年目に突入してしまいました。8年かぁ、、、この8年を振り返れば色々な事がありすぎるので割愛させていただきますが、、、まだ暫くはレンズのブログを続けていくつもりですので、これからもどうぞお立ち寄り下さい。

以下、COLOR-SKOPAR 28mm F3.5 + R-D1sで撮影。

EPSN4257.jpg

EPSN4260.jpg

EPSN4261.jpg

EPSN4262.jpg

EPSN4265.jpg

EPSN4270.jpg

EPSN4251.jpg

EPSN4345.jpg

EPSN4351.jpg
posted by MACH0.004 at 11:11| Voigtländer/Cosina | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
DUCATI Vitor 1:3.5 f=35mm + SONY NEX-6 by mach0.004 (04/28)
DUCATI Vitor 1:3.5 f=35mm + SONY NEX-6 by 木村助兵衛 (04/28)
今日のカメラ by mach0.004 (02/21)
今日のカメラ by nobrin-7 (02/21)
『 ムサビの卒展へ』FOCA OPLAREX 1:1.9 F-5cm + α7S by mach0.004 (01/30)