2015年02月18日

第九號 東京大学大学院理学系研究科附属植物園 x Olympus G.Zuiko Auto-S 1:1.4 f=40mm + α7

P1020132.jpg

PEN-Fの純正レンズはフィルムでしか使った事が無かったけれど、PEN-FのベローズをNEX-7に取付ける為にアダプターを購入したので、このG.Zuiko Auto-S 1:1.4 f=40mmもデジタルで使えるようになった。

ハーフサイズとほぼ同じ大きさのイメージセンサーを搭載しているNEX-7に装着すれば、ごく普通に使えるけど、今回は折角?なのでα7に装着して、本来のイメージサークルを超えた未知の写りを楽しんでみる事にした。

α7のデジタルズーム機能は非常に使い勝手が良く、私の場合は古いレンズをベースに改造したりシネレンズを装着したりするので、常に、全画素超解像ズームをC2ボタンに設定してる。電源を入れてC2ボタンを押すと、C2ボタン横のダイヤルで倍率を1.1〜2.0倍(画像サイズLの場合)まで0.1刻みで選択出来るのだけど、このG.Zuiko Auto-S 1:1.4 f=40mmの場合、1.2倍で完全にケラレが無くて四隅も程よく危うい描写をすると感じたので、1.2倍(換算48mm相当)に設定した。この設定は電源を切るまではシャッターを切っても再生を何度してもパワーセーブ状態になってシャッター半押しで立ち上げても維持されている所が気が利いているし、MFでの拡大ピント合わせも、通常の状態と全く同じように出来るのが有り難い。古玉グルメにゃスコブル使えるヤツだぜアルファセブン!


以下、Olympus G.Zuiko Auto-S 1:1.4 f=40mm + SONY α7(JPEGファイン、クリエイティブスタイルは風景)で撮影。(ほとんどが絞り開放ですが少し絞って撮ったカットもあります)

DSC02276.jpg

DSC02279.jpg

DSC02281.jpg

DSC02288.jpg

DSC02283.jpg

DSC02287.jpg

DSC02293.jpg

DSC02296.jpg

DSC02301.jpg

DSC02297.jpg

DSC02299.jpg

DSC02304.jpg

DSC02316.jpg

DSC02308.jpg

DSC02320.jpg

DSC02324.jpg

DSC02323.jpg

DSC02326.jpg

DSC02330.jpg

DSC02339.jpg

DSC02336.jpg

DSC02340.jpg

DSC02341.jpg

DSC02342.jpg

DSC02335.jpg

DSC02332.jpg

DSC02343.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| Olympus/Zuiko | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

第八號 COOKE SPEED PANCHRO 28mm f/2 (T2.3) + NEX-7

P1020091.jpg

簡易Mマウント改造したスピードパンクロ28mm F2ですが、その後、絞りリングの指掛けレバー取付けと絞り値の視認性改善で、とても使いやすくなりました。

P1020093.jpg

指掛けレバーは、レンズヘッドを取り出してしまった9.5mmのPATHEの絞りレバーを流用、絞り値には白塗料でドットと指標の矢印を入れました。

以下、COOKE SPEED PANCHRO 28mm f/2 (T2.3) + NEX-7で撮影しました。開放では周辺が危うい描写ですが、F5.6〜8位に絞ると周辺までしっかり解像します。α7装着APS-Cクロップモードで使うと、約10MPで1個1個のセルにゆとりがある所為か、NEX-7では時々出てしまう四隅のマゼンタかぶりが皆無で使えるようです。

DSC01086.jpg

DSC01085.jpg

DSC01088.jpg

DSC01087.jpg

DSC01092.jpg

DSC01093.jpg

DSC01094.jpg

DSC01097.jpg

DSC01098.jpg

DSC01100.jpg

DSC01102.jpg

DSC01104.jpg

DSC01105.jpg

DSC01107.jpg

DSC01111.jpg

DSC01113.jpg

DSC01118.jpg

DSC01121.jpg

DSC01115.jpg

DSC01131.jpg
posted by MACH0.004 at 09:00| Cooke/Taylor Hobson/Rank | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント