2017年08月08日

RANK TAYLOR HOBSON COOKE SPEED PANCHRO SER II 50mm f/2 T2.3

DSC00259.jpg

以下、RANK TAYLOR HOBSON COOKE SPEED PANCHRO SER II 50mm f/2 T2.3 + SONY α7で撮影(JPEGエクストラファイン/画像サイズS)の撮って出し。

DSC05310.jpg
絞り開放

DSC05311.jpg
F5.6

DSC05306.jpg
開放

DSC05303.jpg
F4

DSC05300.jpg
F2.8
posted by straysheep67 at 00:00| レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

宝物感漂う秘蔵シネレンズ

DSC05265.jpg

天面には「CINE-FUJINON F2 3.5cm」の文字とロゴマーク、

DSC05267.jpg

底面には、社名とMADE IN JAPANの文字が、丁寧に文字組みされて機械彫刻が施された、アルミ削り出しブラックアルマイト仕上の小さな筒状のケース。

上部の蓋を、反時計回りに捻って弛めると、

DSC05269.jpg

中にレンズが収まっている。

DSC05271.jpg

この完璧なる専用ケース感がたまりませんね。


DSC05272.jpg

アルミ合金製筒形ケースの底部品は、上蓋を締めるための雄ネジがあり、その内側にはレンズを収めるための雌ネジも設けられていて、さらにその雌ネジの下の部分は旋盤技術を駆使して筒の外周に沿うところまで大きくえぐられて(メリットは軽量化のみ?)いる。

さらに筒の天面と底面には、刻印部分のキズ防止のためと思われる段差が、絶妙に滑らかな形状で設けられている。

過剰品質もいいところな贅沢な造りなのだけど、中身は絞りしか付いていないレンズヘッドなので、このレンズをシネカメラ用のヘリコイドマウントに収めてしまえば、ケースは用無しになってしまうのでは?という疑問も涌いてきてしまう程のイイモノ感。

DSC05273.jpg

(察するに当時の価格設定に均衡を保つというか納得させるための手段としてこのような入れ物がつくられたのかなぁと)

以上、RANK TAYLOR HOBSON COOKE SPEED PANCHRO SER II 50mm f/2 T2.3 + SONY α7で撮影。(1枚目だけノートリミング)

P5290020.jpg
posted by straysheep67 at 00:00| レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

RANK TAYLOR HOBSON COOKE SPEED PANCHRO SER II 32mm f/2 T2.3 + R-D1s

P1000582.jpg

R-D1sのCCD+画像処理でスピードパンクロ32mmがどんな写りをするのか見てみたい!

P5290012.jpg

と、思ってHawk's Factory製Arri-MアダプターでR-D1sに装着して撮ってみた。

けれど距離計には連動しないし、ファインダーの視野枠もパララックス補正が極端に近接の状態のままでフレーミングも出来ないし、という状態なので、距離は目測でファインダーものぞいたりのぞかなかったりの撮影です。

P5290013.jpg

以下、RANK TAYLOR HOBSON COOKE SPEED PANCHRO SER II 32mm f/2 T2.3 + R-D1sで撮影、JPEG撮って出し。

EPSN4076.jpg

EPSN4071.jpg

EPSN4082.jpg

EPSN4077.jpg

EPSN4079.jpg

EPSN4061.jpg

EPSN4083.jpg

EPSN4097.jpg

EPSN4100.jpg

EPSN4101.jpg

EPSN4107.jpg
posted by straysheep67 at 00:00| レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

Carl Zeiss Biogon 2.8/28 ZM + R-D1s

DSC00080.jpg

2004年7月発売のR-D1は、ほぼ基本性能の変わらない後継機R-D1s/R-D1xも含め、発売から13年経過した今でも根強い人気があることは、ヤフオクの落札相場を見ればすぐに分かりますが、私もこの世界初のレンジファインダー式デジタルカメラには特別な思い入れがある一人です。

DSC00074a.jpg
Carl Zeiss Sonnar 2/35(SONY RX1R)

デジタルカメラであるにもかかわらず、縦走りフォーカルプレーンシャッターのチャージを電動モーターに委ねることなく、撮影者の意思と親指で(静かに)チャージできる手動式の巻き上げレバーを採用。

ファインダーを覗いていない方の目も開いて、両目で構えても全く違和感が無くブライトフレームと二重像が視界に張り付いたように浮かび上がる、完全等倍のレンジファインダー。

DSCF5491.jpg

クロノグラフのような指針式のインジケーター(ホワイトバランス/画像品質/撮影可能枚数/バッテリ残量)と、露出補正と感度設定まで組み込まれたシャッター速度ダイヤルと、視野枠切り替えレバーまでもが軍幹部に配置されているので、装着レンズの絞りや距離目盛りと合わせて、撮影者がカメラを上から一目見ただけで設定の状態を即座に確認できる点などなど、

世界初のレンジファインダー式デジタルカメラ「R-D1」は、2017年の今でも他に類を見ない優れた機能と操作性が詰め込まれた、しかも背面液晶モニターをひっくり返すとモニターレスとなり、そこにはレンズの焦点距離1.5倍換算表が現れ(R-D1x除く)たり、操作ダイヤルはフィルム巻き戻しノブを模した形状と配置だったり、マニアも号泣するほどのこだわりギミックを満載した唯一無二のカメラであり、

DSCF5494.jpg

さらに、JPEG撮影で得られる画像が、まるでポジフィルムで撮ったように仕上がる(スライド映写機でスクリーンに投影して見ている感じではなく、どちらかと言えばダイレクトプリントを見ている感じ)ところも、いまだにR-D1/s/xを使いたくなる要因ではないかと思います。

ちなみに私のR-D1sの「フィルム設定」は、E=M+,S=M-,T=M,C=M,N=Lです。

DSCF5495.jpg
Schneider-Kreuznach Xenon 1:1.9/40(ROBOT)+ X-Pro1

以下、R-D1sのファインダーに表示される3種類の視野枠で一番大きなフレームを使って撮影できる Carl Zeiss Biogon 2.8/28 ZM で撮りました。JPEG撮影、モノクロ以外は編集無し、リサイズ無しのオリジナルサイズでアップロードしています。

EPSN3920.jpg

EPSN3911.jpg

EPSN3899.jpg

EPSN3900.jpg


EPSN3894.jpg

EPSN3898.jpg

EPSN3976.jpg

EPSN3915.jpg

EPSN3914.jpg

EPSN3913.jpg

EPSN3912.jpg

EPSN3902.jpg

EPSN3774.jpg

EPSN3742.jpg

EPSN3707.jpg

EPSN3768.jpg

EPSN3754.jpg

EPSN3662.jpg

EPSN3658.jpg

EPSN3832.jpg

EPSN3827.jpg

EPSN3941.jpg

EPSN4023.jpg

EPSN4008.jpg

EPSN4018.jpg

EPSN4017.jpg

EPSN3933.jpg

EPSN3921.jpg

EPSN3927.jpg

EPSN3928.jpg

EPSN3717.jpg

EPSN3719.jpg

EPSN3670.jpg

EPSN3680.jpg

EPSN3689.jpg

EPSN3793.jpg

EPSN3777.jpg

EPSN3638.jpg

EPSN3766.jpg

EPSN3797.jpg

EPSN3889.jpg
ラベル:Carl Zeiss R-D1s
posted by straysheep67 at 00:00| レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

Cooke Speed Panchro 28mm/32mm/50mm

GR011461.JPG

クック・スピードパンクロ28mm/32mm/50mmの3本で、ボクの可愛がってる『ユーフォルビア・オベサ』を撮り比べ(手持ちのオート撮影なのでゆるゆるの撮り比べです)、X-Pro1でヘリコイドアダプターとレンズのヘリコイドを最大に繰り出して最短、絞り開放、JPEG撮って出しオリジナルサイズのまま。

DSCF5506.JPG
COOKE SPEED PANCHRO 28mm f/2 (T2.3)

DSCF5504.JPG
COOKE SPEED PANCHRO 32mm f/2 (T2.3)

DSCF5505.JPG
COOKE SPEED PANCHRO 50mm f/2 (T2.3)
posted by straysheep67 at 12:31| レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

Carl Zeiss Sonnar 1:1.5 f=50mm

DSC03321.jpg

ベネズエラのアメデオさんの工房で作られた、RFコンタックス50mmレンズ専用の画期的な距離計連動マウントアダプター『Zeiss Contax 5cm - Leica M』、ゾナー50mmを装着してM型ライカ(フィルム)で使おうと思って購入しましたが、その前にX-Pro1でちょっと使ってみました。換算75mm相当、ヘリコイドアダプターで接写も出来るので、M型ライカで使うのとは、用途や撮影スタイルがかなり違いそうです。

DSC03323.jpg

以下、Carl Zeiss Sonnar 1:1.5 f=50mm + X-Pro1、JPEG撮影、リサイズのみ。

DSCF5440.jpg

DSCF5443.jpg

DSCF5437.jpg

DSCF5449.jpg

DSCF5446.jpg

DSCF5429.jpg

DSCF5465.jpg
ラベル:Carl Zeiss
posted by straysheep67 at 00:00| レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

VOIGTLANDER NOKTON CLASSIC S.C 35mm F1.4 + R-D1s

DSC05238.jpg

P1000270.jpg

以下、VOIGTLANDER NOKTON CLASSIC S.C 35mm F1.4 + R-D1s、カメラ内JPEG撮影。

EPSN3593.jpg

EPSN3601.jpg

EPSN3612.jpg

EPSN3598.jpg

EPSN3597.jpg

EPSN3608.jpg

EPSN3609.jpg
ラベル:R-D1s
posted by straysheep67 at 00:00| レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

7枚玉ズミクロン + R-D1s

GR011407.jpg

GR011415.jpg

以下、SUMMICRON-M 1:2/35 + R-D1s、カメラ内JPEG撮影。

EPSN3526.jpg

EPSN3527.jpg

EPSN3528.jpg

EPSN3530.jpg

EPSN3531.jpg

EPSN3533.jpg

]EPSN3534.jpg

EPSN3539.jpg

EPSN3540.jpg
ラベル:R-D1s
posted by straysheep67 at 21:30| レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

MINOLTA MAXXUM AF 50mm 1:1.4(22)

P1010097.jpg

以下、MINOLTA MAXXUM AF 50mm 1:1.4 + LA-EA4 + SONY α7で撮影(JPEGエクストラファイン/画像サイズS)の撮って出し。全て絞り開放。

DSC05202.JPG

DSC05198.JPG

DSC05200.JPG

DSC05203.JPG

DSC05218.JPG

DSC05206.JPG

DSC05223.JPG
posted by straysheep67 at 00:00| レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

市川市動植物園 〜VOIGTLANDER NOKTON CLASSIC S.C 40mm F1.4〜

IMGP3421.jpg

IMGP3423.jpg

以下、VOIGTLANDER NOKTON CLASSIC S.C 40mm F1.4 + SONY α7で撮影(JPEGエクストラファイン/画像サイズS)の撮って出し。ラスト1枚以外全て絞り開放。

DSC05150.JPG

DSC05153.JPG

DSC05155.JPG

DSC05162.JPG

DSC05176.JPG

DSC05179.JPG

DSC05184.JPG

DSC05190.JPG

DSC05196.JPG
F8
posted by straysheep67 at 00:00| レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント