2020年02月06日

『旧水戸街道 松戸宿 松戸駅周辺』LEITZ SUMMICRON-M 1:2/35(7 elements)+ LEICA M(Typ262)

DSC04570 (1).jpg


以下、LEITZ SUMMICRON-M 1:2/35(7 elements)+ LEICA M(Typ262)、 JPEG撮影、リサイズのみの調整無し。

L1006969.jpg

L1006980.jpg

L1006985.jpg

L1006987.jpg

L1006995.jpg

L1006996.jpg

L1007000.jpg

L1007002.jpg

L1007003.jpg

L1007009.jpg

L1007010.jpg

L1007011.jpg

L1007013.jpg

L1007021.jpg

L1007024.jpg

L1007028.jpg

L1007035.jpg

L1007037.jpg

L1007040.jpg

L1007047 (1).jpg

L1007054.jpg

L1007057.jpg

L1007062.jpg

L1007063.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| Comment(6) | Leica/E.Leitz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

FUJIFILM XF 23mm 1:2 R WR + X-Pro3

GR013293.jpg


以下、FUJIFILM XF 23mm 1:2 R WR + X-Pro3、フィルムシミュレーション:クラシックネガとACROS、JPEG撮影、リサイズのみの調整無し。

DSCF0727 (1).jpg

DSCF0729.jpg

DSCF0732.jpg

DSCF0734.jpg

DSCF0736.jpg

DSCF0738.jpg

DSCF0739.jpg

DSCF0740.jpg

DSCF0741.jpg

DSCF0742.jpg

DSCF0744.jpg

DSCF0746.jpg

DSCF0749.jpg

DSCF0763.jpg

DSCF0765.jpg

DSCF0775.jpg
ACROS

DSCF0776.jpg
クラシックネガ

DSCF0777.jpg
ETERNA
posted by MACH0.004 at 00:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

GR LENS f=6.0mm 1:1.9 〜 RICOH GR DIGITAL III 〜

DSC04563.jpg

昨年秋頃から GRD III を時々カバンに忍ばせて時々取り出して使ってます。

GRDのJPEGの色味、寄りの写り、なんかイイです!
CCDーっ!って感じで、なかなか新鮮です。


以下、RICOH GR DIGITAL III にてJPEG撮影、リサイズのみの調整無し。

RIMG0100.jpg

RIMG0106 (1).jpg

RIMG0109 (1).jpg

RIMG0101 (1).jpg

RIMG0102 (1).jpg

RIMG0105 (1).jpg

RIMG0115 (1).jpg

RIMG0118 (1).jpg

RIMG0119 (1).jpg

RIMG0053.jpg

RIMG0059.jpg

RIMG0080.jpg

RIMG0074.jpg

RIMG0071.jpg

RIMG0082.jpg

RIMG0084 (1).jpg

RIMG0089 (1).jpg

RIMG0090 (1).jpg

RIMG0046.jpg

RIMG0043.jpg

RIMG0049.jpg

RIMG0061.jpg

RIMG0141.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| Comment(0) | Ricoh/GR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

FUJINON ASPHERICAL LENS SUPER EBC XF 23mm 1:1.4 R × クラシックネガ X-Pro3

GR013288.jpg

撮影場所:市川市動植物園、大崎公園子供動物園、さいたま市園芸植物園、岩槻城址公園、他。


以下、FUJIFILM XF 23mm 1:1.4 R + X-Pro3、全て絞り開放、フィルムシミュレーション:クラシックネガ、JPEG撮影、リサイズのみの調整無し。

DSCF0353.jpg

DSCF0362.jpg

DSCF0374.jpg

DSCF0552.jpg

DSCF0572.jpg

DSCF0571.jpg

DSCF0370.jpg

DSCF0565.jpg

DSCF0561.jpg

DSCF0663.jpg

DSCF0624.jpg

DSCF0612.jpg

DSCF0659.jpg

DSCF0668.jpg

DSCF0671.jpg

DSCF0682 (1).jpg

DSCF0686.jpg

DSCF0695.jpg

DSCF0323.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| Comment(0) | Fujifilm/Fujinon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

『岩槻にて』Rodenstock-Ysaron 1:4 f=35mm + SONY NEX-6

DSC04562.jpg
(この組み合わせでも撮ろうと思えば撮れます。)

ローデンシュトック・イサロン 35mm F4は、引伸レンズだと思いますが、焦点距離が50mmではなく35mmなので、たぶんハーフサイズ用とか、ライカ判より小さなフォーマット用の伸し玉だと思います。(ネットで検索しても、詳しい事がわかりませんでした。)

DSCF0554.jpg

一般に50mmの引伸玉だとライカのフランジバックから2cmくらいは嵩上げしないとピントが来ませんが、このレンズはミラーレス用のライカM用ヘリコイド付アダプターにLMリングに直付けで普通に使えまして、1mm位の適当なシムを挟んで取り付けると、ちょいオーバーインフ位でさらに使いやすくなります。

DSCF0555.jpg

このレンズ、絞り羽根の内側の形状が「くの字」型になっていて、その羽根が3枚で六角形の絞り形状を作り出している、擬似6枚の廉価な虹彩絞り?となっています。

レンズ構成はテッサータイプでしょうか?

α7Sに着けるとイメージサークルはフルサイズもカバーしていますが、重さ55g、全長26.4mm、先端の径40.4mmと、軽くて小さいので、まずは小ぶりなAPS-C機NEX-6で使ってみました。

DSCF0556.jpg


以下、Rodenstock-Ysaron 1:4 f=35mm + SONY NEX-6、全て絞り開放でJPEG撮影。

DSC02171.jpg

DSC02175.jpg

DSC02178.jpg

DSC02179.jpg

DSC02182.jpg

DSC02183.jpg

DSC02185.jpg

DSC02188.jpg

DSC02189.jpg

DSC02190.jpg

DSC02196.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| Comment(0) | Rodenstock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

『佐倉にて』Carl Zeiss Planar 1:2 f=32mm (Arriflex) × クラシックネガ X-Pro3

GR013278.jpg

GR013280.jpg


以下、Carl Zeiss Planar 1:2 f=32mm (Arriflex) + X-Pro3、全て絞り開放、フィルムシミュレーション:クラシックネガ、JPEG撮影、リサイズのみの調整無し。

DSCF0468.jpg

DSCF0475.jpg

DSCF0481.jpg

DSCF0501.jpg

DSCF0510.jpg

DSCF0516.jpg

DSCF0523.jpg

DSCF0524.jpg

DSCF0526.jpg

DSCF0528.jpg

DSCF0536.jpg

DSCF0539.jpg
posted by MACH0.004 at 00:00| Comment(2) | Carl Zeiss | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

『東京カテドラル聖マリア大聖堂 〜 常盤台 〜 浮間公園』TAYLOR HOBSON COOKE SPEED PANCHRO 24mm f/2 + X-Pro3 ・ SWH 4.5/15 + LEICA M Typ262

GR013270.jpg

X-Pro3から搭載された新フィルムシミュレーション『クラシックネガ』が気に入ったので、暮れからずっとこのモードで撮ってます。

そして手持ちのシネレンズやライカマウントのレンズなんかをあれこれとクラシックネガで試してみたくなって、持ち出す度にレンズを変えたりしてます。

GR013265.jpg

マウントアダプター設定でレンズ名と焦点距離を入力したりすると、気分も盛り上がるし、OVF(光学ファインダー)時にちゃんと焦点距離に合った視野枠も出て、右下に小さな液晶でフォーカスポイントの拡大表示も出るし露出もそのライブビューに反映されるから、オールドレンズでの光学ファインダー撮影も案外快適にできるかもと思ったけど、パララックス補正は対応しないので、今のところ、純正のAFレンズはOVFで撮ることが多いですが、オールドレンズは見えの良くなったEVFを使っています。


以下、TAYLOR HOBSON COOKE SPEED PANCHRO 24mm f/2 + X-Pro3(クラシックネガ、モノクロもクラシックネガから変換)

DSCF0422 (1).jpg

DSCF0410.jpg

DSCF0413.jpg

DSCF0419.jpg

DSCF0421 (1).jpg

DSCF0423 (1).jpg

DSCF0425 (1).jpg

DSCF0428.jpg

DSCF0429.jpg

DSCF0430.jpg

DSCF0434 (1).jpg

DSCF0435.jpg

DSCF0436.jpg

DSCF0437.jpg



SWH 4.5/15 + LEICA M Typ262

GR013268.jpg


以下、SWH 4.5/15 + LEICA M Typ262

L1007406.jpg

L1007404.jpg

L1007410.jpg
posted by MACH0.004 at 23:50| Comment(0) | Voigtländer/Cosina | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

『旧水戸街道 小金宿 北小金駅周辺』LEITZ SUMMARON 1:2.8/35 + Leica M Typ262

DSC04543.jpg


以下、Leitz Summaron 35mm F2.8 + Leica M Typ262(たしか全て絞り開放)

L1007080.jpg

L1007084.jpg

L1007089.jpg

L1007096.jpg

L1007103.jpg

L1007109.jpg

L1007110.jpg

L1007113.jpg

L1007117.jpg

L1007119.jpg

L1007123.jpg

L1007124.jpg

L1007125.jpg
posted by MACH0.004 at 23:00| Comment(2) | Leica/E.Leitz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

『冬の動物園』Ernst Leitz Hektor f=7.3cm 1:1.9 + Leica M Typ262

DSCF0339.jpg

ヘクトール7.3cmをデジタルのライカMに着けて、ピント合わせとフレーミングは普通にレンジファインダーで。

DSCF0341.jpg
XF23mm 1:1.4 R + X-Pro3(ETERNA)


以下、Ernst Leitz Hektor f=7.3cm 1:1.9 + Leica M Typ262。

L1007289.jpg

L1007304.jpg
(以上、絞りF3.2)

L1007307.jpg

L1007309.jpg

L1007314.jpg

L1007319.jpg
(以上、絞りF4.5)

L1007327.jpg

L1007329.jpg
(以上、絞り開放F1.9)

L1007332.jpg

L1007340.jpg

L1007343.jpg

L1007349.jpg

L1007357.jpg

L1007375.jpg

L1007380.jpg

L1007381.jpg

L1007383.jpg

L1007387.jpg
(以上、絞りF6.3)
posted by MACH0.004 at 22:00| Comment(2) | Leica/E.Leitz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする